看護師不足を解消するために

結婚、妊娠・出産、育児、家事との両立の困難や厳しい労働環境のために退職した看護師で就業可能な「潜在看護師」の数は約55万人にものぼっています。

育児が一段落ついたり、経済的な事情によって復職を希望している看護師はこの内8割に達します。
医療業界は、働きたい看護師がいるのに求人があり余っている現状を打破するために、試行錯誤を重ねています。
しかし、医療現場では看護師不足の状態が続いているのですが、多くの潜在看護師が復職を希望しているものの躊躇しているので、不足状態は依然続いています。
躊躇する理由には、医療の世界の特殊性が関係しているようです。

現場を長く離れていると体力的な不安と、日々進歩する医療技術や知識に取り残されていくという意識、更には若い後輩看護師の指示の元に働かなければならない、といったことで復職に二の足を踏むことが多いのですが、躊躇する最も大きな理由は医療の進歩に対するブランクによる不安と言われます。

こうした状況を打破するために、全国で医療機関や看護協会において復職支援セミナーを開催するところが増えてきました。セミナーを定期的に行うことで現場の感覚や技術を十分に取り戻すことができるようになってきています。

また、復職希望者の多くが、復職するときに受けたい研修として看護技術(実技研修)、IT関連知識(電子カルテ等)、医療安全(医療機器、医療事故、感染管理等)を挙げています。

そして、子育て中の看護師のために保育施設を充実させること、家事や育児と両立させることができるような勤務時間の選択、パートタイムで働くなど、働きやすい環境作りなどの対策が求められています。